禁煙の方法



ニコチンガムの使い方

ニコチンガムの正しい使い方

使用法を十分守らないと効果が出ない

タバコを吸いたい衝動におそわれたときにニコチンガムをかむと、体内にニコチンが補給されるために吸いたい気持ちがかなり抑えられます。薬局・薬店で購入可能で即効性があるので、バッグやポケットに常備しておくとよいでしょう。

ただし、ニコチンガム(商品名:ニコレット、ニコチネルミント)は医薬品なので、普通のガムのように好きなだけかめばよいというものではありません。正しく使わないと効果が出ず、逆に副作用が出る可能性もあります。使用上の注意をきちんと守りましょう。

正しい使い方と使用量の目安

ニコチンガムをかむと、ガムに含まれたニコチンが口の粘膜を通して血液中に吸収され、禁断症状が緩和されます。口の粘膜は吸収スピードが遅いので、下の図のように30~60分かけてゆっくりかみます。

正しいかみ方

急いでかむとニコチンが多量に出てしまい、それを唾液とともに飲み込むと、効果がないばかりか吐き気や胸やけ、胃の不快感などの副作用を引き起こす原因になります。

禁断症状を軽減するためには、自分に必要な量のニコチンガムを使用することが大切です。必要量の目安は、禁煙後4週目までの使用個数が、1日の喫煙本数31本以上の人で1日9~12個、21~30本で6~9個、20本以下で4~6個です。

4週以降からは徐々に個数を減らし、1日1~2個になったら使用を中止してみます。たいていの人は、この方法でとくに問題もなくガムをやめることができます。もし、ガムを中止してみてつらいようなら、使用を再開してもかまいませんが、 その場合も3カ月以内にはガムをやめるようにしましょう。

タバコを吸いたい衝動におそわれたとき、ニコチンガムをかむのがポイント。

使用するときの注意点

  • タバコをきちんとやめてから使用する(ガム使用中の喫煙はダメ)
  • 使用量は1回につき1個
  • 1日最大24個まで
  • 1個を30~60分かけてゆっくりかむ
  • 自分に必要な個数を使用する
  • 禁煙に慣れてきたら、1週間ごとに1~2個減らしていき、3カ月をめどに使用をやめる
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある人、授乳期間中の人、あごの関節に障害のある人では使えない。心臓病や脳血管障害のある人では使用できない場合があるので、必ず医師や薬剤師に相談すること

ニコチンガムは正しいかみ方に加えて自分に必要な個数をかまないと効果が出にくい。



このページのトップへ